job

職種紹介

自分の可能性を信じて次なるステップへ進むきみを、
全力でフォローします。

きみたちの活躍の場は、日本全国はもちろん、海外へも拡がっています。
さあ、新たな1歩をどこで踏みだすのか。そして、経験を積むに連れ、さらなる1歩をいかに踏みだすのか。我々は、その1歩1歩を、全力でフォローする体制を整えています。自分の可能性を信じ、ともに頑張る仲間を信じて、歩みつづければこそ、確かなキャリアアップの道は開かれていくはずです。

職種

入社時に、下記の3つの職種から1つを選択していただきます。
職種は、入社した後にもライフスタイルの変化などに応じて変更することも可能です。

  • world 勤務地指定なし

    WORLD

    勤務地指定なし

    日本においては拠点のある全ての地域が勤務地の対象となるほか、海外勤務のチャンスもあります。

  • area エリア選択勤務

    AREA

    エリア選択勤務

    北海道・東北/関東・中部/関西圏/西日本の4つから、勤務するエリアを選択できます。

  • home アドレス周辺勤務

    HOME

    アドレス周辺勤務

    出身地、居住地など、登録した住所から通える範囲での勤務となります。

    ※公共交通機関を利用し、登録住所から片道2時間以内にある事業所、または登録住所を中心とし、半径50km以内にある事業所

配属先

入社時に選択したそれぞれの職種のもと、個別指導塾スタンダードの根幹を支える3つの部署に分かれ、キャリアをスタートします。

個別指導塾スタンダードへの入塾を希望する保護者・子どもからの問い合わせや、入塾の際の面談など、新規顧客とのきめ細かなコミュニケーションを図ります。ひとりでも多くの子どもたちへ「低料金で良質な教育をとどける」ための最前線となる部署です。

塾生の確実な成績アップを念頭に、学習指導や学習環境の管理をはじめ、学習カウンセリング、進路相談や講師育成などを担います。個別指導塾スタンダードに対する、塾生やその保護者の要望を、日々の指導や環境整備に反映しながら、満足度の向上を実現します。

個別指導塾スタンダードならではの、良質な教育を叶える上で欠かせないのが、塾生の指導にあたる優れた講師・スタッフの存在です。その採用活動や、日々のスケジューリングの調整などを行いながら、円滑な教室運営をマネジメントしていく部署です。

社員紹介

入社してからしばらくは、色々なことに戸惑ってしまうかもしれません。
でも、新しい場所、新しい経験、新しい仲間たちが、大きな刺激を与えてくれることでしょう。ここに登場する先輩も、そんな刺激を糧にして、確かなステップを刻んできました。
自分自身が選んだ仕事だからこそ、頑張れるし、成長できる。先輩たちの経験に耳を傾けながら、なりたい自分を見つけて欲しいと願っています。

九州東営業部
北九州営業所
ソリューション営業課

課長

山岡 由布子

2012年入社

  • 山岡 由布子
  • 現在、22教室での入塾希望面談や、塾生へのカリキュラム提案に携わるスタッフに対しての指導、管理、コーディネートを行っています。この部署は、個別指導塾スタンダードとご父兄様、子どもさんたちとのファーストコンタクトを担う、とても大切なポジションなんですね。ですから「個別指導塾スタンダードに来てよかった」、そんな風に言ってもらえる面談を叶えるコミュニケーションを心がけています。
    多くのひとと関わる楽しさ、一から信頼関係を築いて行く喜びが味わえるのも、ソリューション営業部ならではかも知れませんね。

九州西営業部 佐賀営業所

(佐賀)エリアマネージャー

赤坂 知則

2016年入社

  • 赤坂 知則
  • 受け持ちの15教室を毎日巡回しながら、塾生はもちろん、講師、スタッフのサポートなどを行っています。200~300人の塾生一人ひとりの成績状況はもちろん、抱いている夢や目標なども把握しながら、それらを整理し、成績アップへつなげる対策を講じるには、やはり、広い視野を持って行動する力が求められます。
    大変なこともありますが、塾生との距離が縮まれば縮まるほど、目標を達成して欲しいと思う気持ちは強くなりますし、達成したときの喜びは、何ものにも代え難いものですね。

九州中央営業部
福岡市東部・西部営業所
人財マネジメント二係

主任

亀田 晴菜

2016年入社

  • 亀田 晴菜
  • 私は、講師の採用活動や育成、各教室での指導スケジュールの管理を担っています。育成の段階から、講師一人ひとりの能力を把握して、どの教室で、どの塾生を受け持てば、最大の成果が得られるかを想定しながら講師を指導し、その上で、それぞれの適性を生かしたスケジューリングを行っています。
    そんな日々の仕事を通して実感しているのは、人財マネジメント部においては、まさに「マネジメント」の能力を求められているんだということですね。

きみに会える日を楽しみに。

entry